admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月12日、石巻・大川小学校遺族会の皆さまへ支援のご協力をお願いします! 

5月12日(土)被災地支援に行ってきました。>
①東松島市大曲浜地区の仮設住宅へ絵手紙教室支援活動
東松島市大曲浜地区の小野竹一自治会長さんの仮設住宅へ、絵手紙講師の小林生子先生他4名で
絵手紙教室支援活動に行ってきました。
小林先生は、避難所に住む人200件分の直筆した絵手紙を「母の日」に間に合うように書きあげて贈呈されました。

母の日花地蔵絵手紙 ウエブ画像

仮設住宅の大曲浜地区の皆さんは地域全体が津波の襲われ600軒すべての住宅が壊滅し、今も30人の方が行方不明です。そんな現実の中を私たちの明るく接してくださいました。
東松島市大曲浜地区は一年たってもそのままでした。

大曲浜地区H24.5.12

小林先生も熱心に絵手紙の指導をしてくださり、参加された皆さまも「いやーとても楽しかった。元気になりました。」と大変喜んでくださいました。私も皆さんの喜ぶ姿にとても感動し勇気をいただきました。
絵手紙H24.5.12


②大川小学校の遺族会の武山会長さんへ訪ね、ピースサポートからの支援金と蒲谷氏先生からの母の日の贈り物として、自筆の絵手紙と般若経70軒分一式を贈呈させていただきました。大川小学校は、児童70人と教職員9人が死亡し、児童4人と教職員1人が行方不明

大川小学校8

武山会長さんは、「一年たった今でも行方不明の子供たちが5名、遺族同士が資金を出し合い、毎日捜索しています。全員が見つかるまでは続けます。その資金にさせて下さい。本当にありがとうございます。」と深々と頭を下げられてお受け取り頂きました。
一か月間の重機リース代40万円、オペレーターと燃料代30万円かかるようです。

武山遺族会帳3

小林生子先生からは、花地蔵・般若経を直筆で書かれ70名の遺族の方々へ贈呈されました。
花地蔵般若経 001ウエブ画像


武山会長さんご自身も可愛いお子さん二人が犠牲になり、夫婦だけになってしまいました。住んでいた集落は全滅で三分の一の人が津波に流されて亡くなってしまいました。
「私たちの地域の人は、悲しくて我が家を訪ねたくないという人がほとんどです。私も戻りたくありません」と涙ながらに話してくださいました。

大川小学校地図

その中を、遺族会の会長さんとして、毎日、ご遺体の捜索を続けておられるお気持ちを察すると、私には想像できないほどの悲しい思いを殺して、遺族のみなさまのために尽くされておられたのです。本当に頭が下がる思いでした。
3月11日に石巻市で大川小学校の一周忌法要が開催されました。大川小学校2

その時500人の参列者の前で,2児を亡くした遺族会の武山剛会長は冒頭、卒業や入学など心情的につらい時期を迎えることに触れ「互いに寄り添い助け合い、泣きながらも苦しみながらも、懸命に生きていこうではありませんか」と呼び掛けられました
大川小学校1

私たちはこれからも遺族会の皆さまを心から支援させていただきたいと思います。
ピースサポート協会の支援される皆さん全員で、サポートしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


この記事へのコメント

我々遺族は悲しみに暮れています。
しかし、とあるNPO団体が立ち上がり毎日潜水にて捜索をしていただいています。

お願いがありますその団体と協力しあい、活動することは出来ませんでしょうか?

今、かなりの結果が出始めていますし、命の危険を顧みず捜索していただいています。

よろしくお願いいたします。
永沼さまへ
取り組んでおられるとある団体様を教えてください。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kubota2511

Author:kubota2511
FC2ブログへようこそ!


-天気予報コム- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。