admin≫
2013年06月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前橋で被災地支援報告会を開催しました! 

<東北被災地・支援活動のご報告>
平成25年6月16日(日)、前橋市下川淵公民館で「東日本大震災から2年・被災地の現状」をテーマに支援活動報告会を開催させて頂きました。
当日は、福島県から避難されている新妻道明さん、佐藤裕子さん、小林一行さんを迎え、「出身県が福島県民というだけで差別を受けたこと」や「自主避難者に対しての行政による支援の対応がしてもらえない」こと、そして「原発事故の放射能被害」など、厳しい現実の話を聞かせて頂きました。
2年3か月過ぎた今でも、福島県民16万人の方々が避難生活を余儀なくされています。

websimokawa.jpg

私は、6月2日に福島原発30キロ圏内の広野町へ行きました。町民5,300人中4,000人が隣のいわき市へ避難し9割以上が町外に避難したままでした。
原発事故の放射能被害は目に見えず、生きるための衣食住のすべてを奪ってしまったのです。東京23区の面積と同じ日本の国土が失われ、人が住めなくなってしまったのです。
この現実をどう受け止めたらよいのでしょうか。
私は福島県の方々のことを思うと他人事にはできない思いで一杯になります。
さらに同協会は、3月11日と4月12日、被災した石巻市雄勝町仮設に住む漁師の皆さまを訪ね、今、本当に必要な支援について尋ねました。「震災2年目を過ぎても生活が成り立たない!」との声を聴き、早速、獲れたワカメを多くの人に紹介する「雄勝わかめ復興プロジェクト」を立ち上げ4月からスタートしました。
お陰さまで6月までの2か月間で、約3,000袋の支援協力を頂き、その代金を漁師の方々の口座へ振り込むことができました。
ご支援下さる市民の方々のお力添えで、少しでも被災地の方々が生活の足しになり、喜んで頂けることが何より有り難いことです。
本当に有難うございます。
ピースサポート協会は、これからもまだまだ復興支援の道のりは続きますが、より具体的に、被災者の方へ直接届く支援活動を推進していきたいと願っています。
今後ともご支援ご協力の程を心からお願い申し上げます。
平成25年6月19日
NPO法人ピースサポート協会 
理事長 久保田光明 拝

復興支援ワカメのお求めは      
雄勝ワカメ(300g) \500円
同協会事務所027-265-22777 (090-1113-9200)久保田迄
スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kubota2511

Author:kubota2511
FC2ブログへようこそ!


-天気予報コム- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。