admin≫
2013年03月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3.11大震災2年目 被災地支援活動のご報告! 

3月11日、私たちは震災2年たった福島県飯館村、南相馬市浪江町6号線の警戒区域まで行きました。飯館村では除染された土嚢が山積みされ、除染されてもいまだに誰も住むことができない状況でした。そして南相馬市から浪江町の国道6号線を下ると、原発放射能の影響で警戒区域のために通行止めされていました。車内の放射線の線量計は高くなり本当に放射能の被害の恐ろしさを感じました.
CIMG0309.jpg
CIMG0311.jpg
東松島市大曲浜地区の被災地で、2時24分、祖父母と母そして幼い弟を津波で無くしてしまった伊藤健太くんの太鼓演奏が行われました。「震災から2年たった日に、弟がほしがっていた青い鯉のぼりをたくさんあげることができました。犠牲になった家族の思いを忘れず生きていきます!」と力強く太鼓を演奏してくれました。私たちも青い鯉のぼりを送って空高く上げて、共に歩んでいきたいと思います。
CIMG0337.jpg
石巻市雄勝町立浜の皆さまを訪ねました。2年目の寒い冬を越してホタテ漁もひと段落して、これからワカメ漁がはじまります。立浜と大浜の方々みんな津波で家を亡くし、船も無くしやっと海から船を引き揚げ修理して漁ができるようになりました。雄勝の町並みは20メートルもの大きな津波で流され多くの犠牲者と共に壊滅してしまいました。立浜の末永自治会長さんは「漁はできても生活が成り立ちません。あと2年後には高台へ集団住居の計画がありますが、どうなるのかわかりません。」と、物静かな末永会長さんの言葉に皆さんの思いが伝わってきました。私は、おいしいワカメが獲れたものを仕入させて頂き、少しでもお手伝いをさせて頂きたいと話し合いました。4月頃には雄勝の皆さんの新鮮なワカメをお分けできると思います。多くに市民の皆さまのご協力を心からお願いいたします。
CIMG0345.jpg
復興わかめ
大川小学校を訪ねました。児童70名と教員9名が津波で流され、いまだ4名の児童が行方不明、遺族会の方々の必死な捜索が続いています。遺族会の武山会長さんは「今も4人の子供たちの捜索をしています。行政の協力を仰いで4月まで延長して川をせき止め探しています。多くの皆さまのよろしくお伝えください。」との言葉に胸が締め付けられます。なんとしても子供たちが見つかるように祈る気持ちで一杯でした
IMG_0315.jpg
震災から2年、全国の震災避難者34万人中、福島原発事故で16万人が今も避難生活をしています。そして警戒区域の人々は数十年?家には戻れません。私たちは被災地の方々と共に力強く歩んでいきたいと思います。
NPO法人ピースサポート協会 久保田光明 拝
スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kubota2511

Author:kubota2511
FC2ブログへようこそ!


-天気予報コム- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。