admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月2~3日東北石巻大川小学校、福島県飯館村へ行ってきました。 

8月2~3日、石巻雄勝町の皆さまを訪ねました。「今年の6月頃からホタテ漁がやっと始まり、今朝も3時から漁をして5時にホタテ業者にもっていっていただきました。」ととても元気にお話してくださいました。
家もなくし船も壊れすべてがマイナス状況の中を、仕事ができることがとても幸せですと迎えてくださり、私たちのほうが勇気をいただきました。
CIMG2398.jpg


大川小学校の武山会長さんを訪ね、今田の4人の子供たちが行方不明のために遺体捜索を続けています。私たちはその捜索活動への支援金をお渡しさせていただきました。そして絵手紙講師の小林先生から、手作りの団扇を70件の遺族の方にお渡しいたしました。後ろの水面は農地です、海水が入り地盤沈下してしまったところです。
この海水をポンプでくみ上げて、子供4人がきっとこの中にいると確信し、最後の創作活動を続けます。早く親もとへ帰してあげたいと最後まで頑張りますといわれました。武山会長さんも二人のわが子を亡くしています。本当に頭が下がります。
CIMG2448.jpg


東松島市大曲地区仮設住宅、小野武一さんを訪ねました。
小野さんはお忙しい中を迎えてくださり、真心で被災状況をお話ししてくださいました。
仮設に住んでいる400件もの人々は家族を亡くしたりそれぞれに深い屑を持っています。何とか元気になってもらいたいと各家を訪ねて歩いています。とのお話に小野さんも被災される数か月前に癌の病に侵されていましたが必死になって町内のために尽くされています。本当に深い思いやりに感動します。
CIMG2484.jpg


福島県南相馬市役所から飯館村長泥地区の国道399号線閉鎖地点に行ってきました。
福島原発事故により、放射能汚染され、地域一帯が居住困難区域となり、7万人からの人々が県外などに避難して帰ることができません。飯館村の長泥地区へ着いた途端、社内の線量計が3,99シーベルトに上がり危険ブザーが鳴りっぱなしでした。その閉鎖地点では保安院の方が2~3名外で通行車両検問をされていました。
CIMG2496.jpg


この放射能は30年いや100年たっても取り除けないとのことです。
25年前のチェリノブイリ原発事故も今も30㌔圏内は立ち入り禁止です。
私たちは、原発についてしっかりと考えなくてはなりません。「核と人類は共存できない!」このことを自覚して子孫のために住みよい地球を残さなければならないと深く責任を感じて帰ってきました。
(原発について、ピースサポートニュースNO3に特集しましたのでHPリンクまたは機関誌をご覧ください。)
スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kubota2511

Author:kubota2511
FC2ブログへようこそ!


-天気予報コム- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。