admin≫
2009年06月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2000年前の命を咲かせる大賀蓮 

岐阜県羽島市に、2000年のいのちを咲かせる大賀蓮。写真を撮りました。
千葉県の縄文時代の地層から出土した種が実を結び移植されています。2000年も眠り続けた種のいのちが七月には見事な華を咲かせます。深い感動を与えてくれています。
大賀蓮
2500年ほど前、インドに生まれた釈尊は宇宙の真理を悟られ、妙法蓮華経を説き遺されました。
この宇宙の成り立ちは(不可思議)な(はたらき)によって成り立っている。
それは蓮華のように泥水(現実社会・煩悩)の中から清らかな白蓮の華(仏の姿・菩提)を咲かせているという教えです。
この世のすべての存在は尊いいのちの現れである。そしてすべてのことがらは、迷いから悟りへと転ずる、迷悟一如の世界であると示されたのです。
岐阜県羽島市の大賀蓮

さらに蓮華の花は、花が咲くと同時に実が熟すことから(華果同時)とも言われています。
それは、私たちの日々の努力にはすでに仏の悟りが実っている、すでに仏に救われ守られていると示されたのです。
私は、法華経の教えによってものの見方考え方を大きく転換することができました。
勇気と希望が心の底から湧いてきて人生が一変しました。
本当に毎日有り難く うれしい気持ちで一杯です。
<妙法は因果倶時の法門なり 華果同時の蓮華の如し・・・>
日蓮 ご遺文 (事理供養御書)P2135
爾前(にぜん)の経々(きょうぎょう)の心は 心より万法(ばんぽう)を生ず
たとえば 心は大地(だいち)のごとし
草木(そうもく)は万法のごとしとし
法華経はしからず
心すなわち大地 大地すなわち草木なり
爾前(にぜん)の経々(きょうぎょう)の心は
心の住(す)むは 月(つき)の如(ごと)し
心の清(きよ)きは 花(はな)の如し
法華経はしからず
月こそ心よ 花こそ心よと申す法門(ほうもん)なり
これをもって しろしめせ
白米(はくまい)は白米にはあらず すなわち命(いのち)なり

※法華経の前に説かれた釈尊のお経典は、花や月のように清らかになるように説かれたが、法華経はそうではない、華がきれいだと受け止めたときすでに華となっているぞ、月がきれいだと受け止めたとき、自らがすでに月と一つになっているのだ。白米は白米ではない自らのの命を与えてくれる自らの命そのものであると説かれたものである・・・。
スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kubota2511

Author:kubota2511
FC2ブログへようこそ!


-天気予報コム- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。