admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一食を捧げる運動ってご存知ですか・・・。 

「一食を捧げる運動」は、江戸時代後期、大飢饉が続いた際、禊教(みそぎきょう)の教祖・井上正鐵(いのうえまさかね・1790年-1849年)師が「我、一飯(いっぱん)を捧げて人々の飢えを救わん」と説き、救済に乗り出したことが始まりです。
1974年(昭和49年)、ベルギーのルーベンでWCRPⅡ(第2回世界宗教者平和会議)が開かれました。その宣言文に先進国の過剰な消費を戒め、少欲知足の生活を促す一文が盛り込まれました。これを受け、青森県に本部を置く松緑神道大和山が教団を挙げて「一食を捧げ、一欲を節しよう」の目的のもと「平和一食運動」を始めました。

立正佼成会もこの趣旨に賛同し、1975年(昭和50年)から「節食運動」として青年部員を中心に取り組んできました79年(昭和54年)、アメリカ・プリンストンで行われた第3回世界宗教者平和会議(WCRPⅢ)では、国際レベルで「一食運動」に展開していくことが決議されました。同年10月、開祖さまは朝日新聞の『論壇』で「一食運動の国民運動化」を提言されました。翌年、名称を「一食を捧げる運動」に変更し、今に至っています。現在立正佼成会青年部では、毎月1日、15日を実践日と定め、同運動を実践しています。
そして毎年、「青年の日」が行われる5月を「一食啓発月間」と定め、運動の普及に努めています。
庭野開祖さまの朝日新聞論壇記事より
ー前略ー私たちは、ワルトハイム事務総長らとの話し合いを通じて、WCRP平和活動の性格と方向を改めて確認するとともに、国連NGOとしての役割の重さを痛感させられたものである。
そうした役割にこたえるべく、今回の会議でも、具体的な平和活動のプロジェクトがいくつか提案されたが、その中で私がとくに国民の皆さんに広く訴えたいものがある。それは「一食(いちじき)を捧(ささ)げる運動」である。
これは、一日三回の食事の中で、月に三回一食を抜いて、その食費分の金を平和開発のために役立てようというものである。世界宗教者平和会議日本委員会では、すでに数年前から各教団の信徒に呼びかけ、この運動を実施してきている。この運動を通じて集まった寄金は、主として開発途上国への「平和開発基金」としてプールし、今までにインドシナ難民救済、国連児童基金(ユニセフ)などに投じてきた。
今回の会議で、この運動を日本が報告したところ、各国の参加者から大きな反響があり、WCRPの国際レベルでも、この「一食運動」を推進しようという声があがったのである。これまで宗教者を中心として進めてきたこの「一食運動」を、私はこの機会に、あえて一般社会の人びとにも呼びかけたいのである。経済大国日本は、栄養過多の人びとであふれている。一方その同じ地球上の発展途上国の国々では、八億もの人びとが、飢えと貧困に苦しんでいるといわれるのである。宗教者に限らず、同じ人類の一人として、みなこの現実に目をつむるべきではないと思う。
「一食を捧げる」というのは、なにも食事に限ったものではない。月に一度でもよい、一杯のコーヒー、一片のパンを抜くことによって、飢えた人びとの痛みを多少とも知り、その気持ちを救援資金として「捧げ」てもらいたいのである。ひとりでも多くの人が、この「一食を捧げる運動」に参加して下さるよう、切に訴えるものである。>(昭和54年10月2日、『朝日新聞』朝刊)>世界の子供たち

今、日本では毎日24,000トンの食糧が廃棄されています実に10トントラック2,400台分の食料が毎日捨てられているのです。世界には今も貧困や紛争災害などにより苦しい生活をおくっている人がたくさんいます。
その人たちへ少しでも分け合って、支援の手を差し伸べましょう。
一食分やコーヒー一杯分を節食してその代金を世界の人へ募金する「一食を捧げる運動」を共に推進しましょう。
同じ地球上に生きている尊いいのちを授けられた人間どうし、助け合い分かち合い励ましあって生きて行こうではありませんか。

この運動は、いつでも・どこでも・誰もができる平和支援運動です。世界の人々が一人でも幸せに暮らせるために、一日も早く、国民運動に拡がるよう,心から祈りをこめてお伝えして行きたい・・・・・。心から祈りを込めて、たとえ一歩からでも前進していきたい気持ちでいっぱいです。世界の人々のために・・・・・。合掌
スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

kubota2511

Author:kubota2511
FC2ブログへようこそ!


-天気予報コム- -FC2-
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。